今やっていること


リヒャルトのお話
↑世の中に苛立ちを感じる男が宗教を作る、心温まる珍道中です。よかったらみてくださいね★


★この記事は固定記事です★


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  
0
    • 2016.06.06 Monday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

                

    おおかみおとこ

     



    I believe it. Please tell me. Jesus Christ.
    Why was I bone? Why do I live? Well, don't I have a guilty?
    1.Pride 2.Gluttony 3.Envy 4.Greed 5.Sloth 6.Lust 7.Lastly Wrath
    The seven deadly sins that you instructed. I'm on BLACK LIST?


    誰もが忘れているであろう
    を更新しました。

    次回で第一部は終わりです。
    第二部は描きますよん!





      
    0

                  

      幻の第一話のその後

       


      サイトにうpしました〜

      リッヒーのページ


      ブログに載っていたぶんの続きは、↑の「第一回講演」の14Pからなのでよろしくおねがいします!


      リッヒーが不良をヘルメットでぶちのめすシーンは、「フルフェイス野郎はぶっ叩きゃあ脳みそ爆発!」って感じです。
      不良たちとやりあうところが、最初にうpしだした頃(9月くらい)の段階ではパンチにキックだけでイマイチで、それもあってずっと放置してしまってたので、色々吸収できて嬉しいです。

        
      0

                    

        幻の第一話その5

         


        サイトには夜にうpします!


          
        0

                      

          幻の第一話その4

           

          ろろたんがリッヒーの話好きって言ってくれたのが嬉しいのです!

          第一話

          今までのリッヒー




          ―彼女と別れて数時間―

           

          守は他のネカフェでゲームでもしながら時間を潰していた


          しかし、今まで2年間の思い出が走馬灯のように蘇り、
          彼女を失ったと同時に「マトモな自分」まで失ったような気がして、ひどい喪失感にもかられた。
          彼女がいることで保たれていた体裁を失った守は、ただの変態で、性欲の権化でしかなかった

          守に残っているセンチメンタルな部分が、彼女との純粋な日々を恋しがり、心が切なさで埋め尽くされる

           

          全てを忘れようと、一人 居酒屋で飲んだくれた。

           

           

           

          ―居酒屋後

           

          意識もうろうとしながら帰る途中、公園で休憩をしようとうろちょろしていると、目先にどうみても不良な集団がたむろしていた

           

          (げッ、DQNじゃねーか…)


          守は、その人相と目立つ髪色からか、中高時代よく先輩から呼び出しをくらっていた。
          その頃のトラウマが今も残っており、不良に人一倍怯えている。


          目立たぬように、コソコソと公園を去ろうとする


          「おい、テメー何こっち見てんだよ」

           

          『!!!!!』


          が、すぐに発見されてしまった。


          「何だよその目つきはよォ、ケンカ売っとんのか」


          『ちがッ……そんなつもりないッス、サーセン、目障りでサーセン』

           

          ただ見ているだけでも誤解される、哀れな男 佐藤守。
          どんなに心底謝っていても、その鋭い顔つきのせいで半減する。


          「ごまかしてんじゃねーよ!」


          『サーセン!!サーセン!!!!!』

          守が必死で謝っていると、不良の1人が胸ぐらを掴んできた

          『サーセ…』


          ―ばきっ

          そして守は頬に軽くジャブをくらい、軽く飛んだ。


          『ヒッ…』


          突然のことでわけがわからず、情けない姿勢で逃げようとする
          その拍子に、守の黒髪ズラがずり落ちた。


          「なんだよコイツ、何隠してんだよ」

           

          不良のボス的存在の男が、ニヤっと笑ってヅラを掴んだ。
          守がひた隠ししていた地毛があらわになる

           

          「色珍しくね?何コレw目立ってるつもりかよ」


          「なんか動物のシッポみたいだね〜かっこい〜」


          「何サカってんだよっ」

           

          不良達は守の髪の毛を掴んだり顔を掴んだりしてゲラゲラ笑っている


          『地毛ッス!!!!完璧地毛ッス!!!!染めてないっス!!!!』

           

          中高時代のトラウマが見事に引き起こされ、守は怯える子犬のようになっていた。

           

          「本気でそー思ってねーだろ」


          「コイツなんでこんなに白いの?」


          「なんだよその眼は、カラコンかよ」

           


          あの頃と同じ言葉、同じ仕打ち、

          排他的でジメジメした地元が嫌でたまらなかった18年間、
          長男ということに甘んじ、高い学費を積んでもらい入った都内の大学で遊び呆けた4年間


          常に自分に従う女がいることで錯覚していたが、
          女のいない守など、ただの小さな子犬であった

          性欲以外、何も変わっていない自分
          何一つ、この手で成し遂げることもなく生きてきた

          ―何も変わっていない自分―


          不良たちにボコられながら走馬灯のようなものが駆け巡り
          守は幼いころ、夢や希望だけ持って偉そうにしていた頃の自分を思い出していた

          クラスの人気者の守
          秘密基地ごっこで隣の家の女の子に嘘ばかり教えていた守
          女子にちょっかいばかりだしては先生に怒られていた守

          何より、何より守の脳裏に強く浮かんだのは―・・・

           

           

            
          0

                        

            幻の第1話その3



            別れた後もうpしてると思ってた〜長らく空いてゴメリンコ!

            今までの第一話

            今までのリッヒー 
              
            0

                          

              幻の第一話その2

               

              その4くらいまでありそう!

              前回までのリヒ




              続きを読む >>
                
              0

                            
                | 1/2PAGES | >>

                かれんだー

                S M T W T F S
                     12
                3456789
                10111213141516
                17181920212223
                24252627282930
                31      
                << December 2017 >>

                ランキング


                にほんブログ村 イラストブログ オリジナルイラストへ
                にほんブログ村 恋愛ブログ 秘密の恋愛へ
                にほんブログ村 コレクションブログ スーパードルフィーへ

                ♪♪♪



                ひょうじちゅう

                かてごり

                あーかいぶす

                さいきんの こめんと

                おすすめ

                聖闘士聖衣神話 冥王ハーデス
                聖闘士聖衣神話 冥王ハーデス (JUGEMレビュー »)

                わたしの神さまのDNA御神体です

                りんく

                ぷろふ

                けんさく

                すぽんさーりんく

                そのた

                けいたい

                qrcode

                ぱわーどって何

                無料ブログ作成サービス JUGEM