今やっていること


リヒャルトのお話
↑世の中に苛立ちを感じる男が宗教を作る、心温まる珍道中です。よかったらみてくださいね★


★この記事は固定記事です★


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  
0
    • 2016.06.06 Monday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

                

    不思議なお話しを






    あけましておめでとうございます。
    さいきんはパズドラちゃんのショウネです。
    こんどのゴッドフェスで堕天使ルシファー様とベリアルたんを
    ゲットするために給料の一部を課金して備えています。

    ココぜんぜん更新してないけど、たまには更新するので315円も払い続けます。
    ていうかここも一部の人にしか見られてないと思うので、
    あまり前説もなく日常を書きます。
    自分の彼のこととか日記に書くのは、昔の恥ずかしい日記や何やらで恥ずかしいのだけど、
    これは備忘録として記しておきます。

    ちなみに今日のブログタイトルは↑の曲名からです♪






     
    続きを読む >>
      
    0

                  

      明けない夜を数えながら







      カードファイトの為に闇ファイトに潜入するレン。
      だが、それは挑戦者の巧妙な罠だった。

      「レン様の勝利は 私に崩される為に築いてきたんですものね」

      「いつもの力(PSYクオリア)が出せれば…こんな挑戦者なんかに…!」

      「よかったじゃないですか PSYクオリアのせいにできて」

      「んんんんんんんっ!」

      「へへへ おい、最凶デッキを用意しろ。みんなで気持ちよくしてやる」

      (耐えなきゃ…!!今は耐えるしかない…!!)

      「レン様の生ブラスターダークゲ〜ット」

      「生レン様の生ファイトを拝見してもよろしいでしょうか?」

      「こんな奴らに…くやしい…! でも…感じてしまう!」(ビクッビクッ 



        
      0

                    

        五番目のサリー的な何か

         



        中学生の頃に読んだ五番目のサリーっぽくうちの彼らを分析してみました。


        サリーは、

        地味なサリー、
        楽天家のデリー、
        教養のノラ、
        享楽のベラ、
        憎しみと暴力のジンクス




        という風に分けられていたのでそれを真似してみました。
        楽天家が元気な時の自分(主人格)として、


        stan.jpg

        享楽の陽介

        sva.jpg


        教養のヴァイナー


        syuri.jpg

        憎しみと暴力のユリア




        こんな感じです(自分の中では)

        陽介たんは、一応博士なので、
        うちの子の中では地位的には一番インテリでお勉強もできるんだけど、
        「教養」とは全然違う位置にいます。
        お金と地位を手に入れて、誰にも文句を言われることなく美しいものを愛でたい
        ただそれだけのために近い彼の執念
        そんな陽介たんは享楽で間違いない
        ディアルーザーのくせに><

        サリーに出てきた教養のノラは、確か他の人格を分析したり、
        主治医のアッシュ先生に、主人格サリーについても冷静に話したりしてたので、
        なんかヴァイナー以外無いって感じです。
        まぁヴァイナーは文学青年気どりですがアンポンタンです。

        ユリアージはコンプレックスが酷いし、
        彼の近親相姦は性暴力に近く、
        憎しみのドロドロ具合もはんぱないので、間違いない!



        で、ミールとリッヒーがよくわかんなかったんですよね。
        彼ら結構暴力的だけど、
        どっちかっていうと「怒る」じゃなくて「叱る」だから、
        何と名づけていいのか分かんないし、
        あまり知りたくないです・・・。

        smil.jpg


        他のキャラも分けられるけど、メインの5人から派生してたり、そこまで濃く考えてないからな〜
        女の子に至っては全員気が強いので、ちょっとよくわかんないです。
        あと地味ってどんな感じかもわかんないんですよね・・・
        見た目が〜っていうのは分かるけど、内面が地味ってどういう感じかなぁ。



          
        0

                      

          キョンシー物語(仮)

           





          「キョンシーとかマジわかんねぇっす、マジパネェっす」



          主人公はある日、キョンシーとして生まれ変わった。
          謎の太陽の刺繍が施された道着がダサすぎて、とりあえず服だけでも普通になろうと渋谷のあったほうへ向かう。

          「マジいまから109−2いっちゃお」

          しかし、墓場から出てきてみた世界は、男が生前過ごしていた世界とは大きく変わっていた。

          ドラえもんでしか見たことのないような未来世界が、そこには広がっていた。

          人間のようなロボット-アンドロイドの技術も発達し、街ゆく人々は人かアンドロイドかも見分けがつかないくらいだ。

          「マジ浦島気分、ガチでパネェよ」

          109-2もATOMも消滅、むしろギャル男自体いないんじゃなかろうかというドライな未来都市
          男は浮浪者のように、あてもなく街をさまよう。


          男は、生前の記憶をほぼ失っていた。
          「とりあえずギャル男だった」ということをなんとなく覚えているだけで、なぜ死に、なぜキョンシーとなったかはサッパリだった。

          「俺が何者か、しりてーし、自分探し的な」


          〜男は、いろいろ人と出会ったり、キョンシーぽいこともしたりいろいろしながら暮らしてゆく〜


          キョンシー暮らしも板についてきたころ、男は街で自分ソックリな男を見つける

          「あれ俺じゃね?」

          男は気になって、その謎の少年の後をつける


          たどり着いた先は、小奇麗な研究所だった。

          「ココ、ニュースでみたわ。今超ブームなとこっしょ。」

          キョンシー暮らしも板に付いていた男。
          ニュースでみて、この研究所から作り出されるアンドロイドは超一級品という話を知っていた。


          「誰だ・・・」


          勝手に研究所に入り込み、先ほどの少年を追っていると、奥から白衣を着た男が出てきた。

          「!!!!!」

          なんと、
          その白衣の男も自分にソックリであった―


          「ちょ、お前オレじゃね???なに?兄弟??」


          自分ソックリな謎の少年、
          自分ソックリな、ココの主らしき研究者


          「なぜ生きているんだ。」


          白衣の男は、驚きが隠せない様子で男にそう言う。


          「お前は試作品だから、とっくの昔に廃棄したはずだ」



          男の正体は、失敗作のアンドロイドだった。


          白衣の男は、自分そっくりのアンドロイドを作り続けており、
          今ではどんなアンドロイドでも簡単に造れるほどの天才になっていた

          「お前は、完成してすぐに死んだんだ。そのあとに生まれたこいつ、虹(こう)が完成品だ。俺は虹さえいればそれでいい」


          まるで不老不死かのように、まったく年齢を感じさせない白衣の男、
          一言もしゃべることのない、人形のようなアンドロイドの少年


          自分と瓜二つの二人は、永遠に変わることがないであろう、時の止まった世界で、一心同体のように寄り添い、愛し合っていた。


          「下の世界は、汚らわしかったろう。
          虹以外のアンドロイドたちはすべて商品だ。汚らわしい人間の、汚らわしい欲望のために消費される、いやらしい人形達だ。そんな中で暮していたお前など、もう俺の生み出したものではない。」


          「俺はくだらない人形を売って得た金で、虹とココで永遠に暮すんだ。人間たちの欲が尽きぬ限り、俺たちは永遠に2人で生きてゆける。」


          「みてみろ、虹は物をしゃべらないだろう?自分の価値観の押しつけ合いしかしない人間と違って、虹は赤子のように無垢で、そして美しい」


          白衣の男は、ペラペラ喋りながら、恍惚の表情で虹というアンドロイドを見つめている。



          「ふざけんなよ!!!!」


          男は激怒した。
          必ず、かの邪智暴虐の博士を除かなければならぬと決意した。
          男には勉強がわからぬ。男は、ギャル男のキョンシーである。
          ホラを吹き、女と遊んで暮して来た。
          けれども邪悪に対しては、人一倍に敏感であった。


          「俺だってお前の一部だ!!生きて生きて生き続ける!一人の人間として!!!」


          産みの親へ恨みの気持ちを抱いた男は、ますますキョンシーとしてパワーアップする。



          ―なぜ、「ギャル男」という記憶があるのだろう

          ―なぜ、キョンシーとして再び生まれたのだろう



          「ギャル男」ということだけが、男をこの世の生として認識できる手だてであることは間違いない。



          「今なまえ決めたしマジ、オレ今日から八雲な。」


          男は、太陽の刺繍の入った道着を脱ぎ捨て、現世で知り合った友人のヤンキーに新たな刺繍を施してもらう。


          ここから、八雲のキョンシーとしての人生が真に始まるのであった・・・。


          ■主演:八雲
          ■白衣の男:碇 陽介
          ■謎の少年:碇 虹

          ■テーマソング:THE MAN FROM FAR EAST(1分20秒から)



          -------------------------------


          ってゆーネタどうだろう。浅いかなぁ。
          八雲ってホントは陽介たんの妹の名前なんやけど、妹出ないしまぁいいか的な・・・
          ってゆーか陽介たんやっぱいいなぁ。好きやなぁ。

          メリット:
          ・陽介たんが3人も出る
          ・キョンシー
          ・掘り下げられそう
          ・ギャル男→きおなたん

          デメリット:

          ・未来都市描くのめんどくさそう
            
          0

                        

            ときめきメモリアル〜Uchinoko side〜







            主人公が中学卒業後、引っ越しをして「ゆらめき高校」へ入学したところから物語は始まる


            登場人物


            ■海原ヴァ太郎■

            主人公の家の隣に住む、明るく優しい 夢見る双子の弟

            ●データ

            ・誕生日:5月29日
            ・星座:ふたご座
            ・血液型:B型
            ・身長:170cm
            ・部活:ランダム
            ・趣味:散歩、ゲーム

            ●出現条件

            一応メインなので最初からいる

            ●その他

            ・気に入られるには?

            メインキャラクターであり最大の難関であるヴァ太郎。
            男女問わず友人が多く、彼に思いを寄せる女子も多い。

            主人公とは近所なので、引っ越してきたばかりの主人公の世話をアレコレしてくれるが、
            あくまで「お隣さんとしては当然のこと」という意識なので、恋愛への発展が難しい。

            何かに打ち込んでいる姿を見せるとよいので、パラメーターを何か1つ秀でさせるのもよい。

            ・彼の好みは?

            ヴァ太郎は、自立した女性が好み。見かけはブリブリしていてもサバサバしていても構わないが、人に依存しがちな姿はタブー。
            冷たい態度をとると構ってくるので、始めはつっけんどんな返答を選ぼう。
            徐々に素直さを見せるとよい。

            例)

            「いつかはオレも、ビッグになりたいなぁ」

            ×:超素敵!!応援してあげる〜!!
            △:きっとなれるよ
            ○:はァ?


            ・特有のイベント

            <階段落ち>

            友好度が(^_^)以上の時、ランダムで発生。
            朝寝坊をして慌てているところ、主人公とぶつかり、階段から転げおちる。


            <夏祭り>

            夏休みに神社へ誘うと発生。花火を見ながら色々語りだす。
            所詮自分は兄の二番煎じだという悩みもポロっともらす。

            ■海原ミー次郎■


            変人でカタブツな、現実派の双子の兄


            ●データ

            ・誕生日:5月29日
            ・星座:双子座
            ・血液型:B型
            ・身長:168cm
            ・部活:帰宅部
            ・趣味:カラオケ

            ●出現条件

            ヴァ太郎との友好度が(・_・)以上の時に、家に忘れ物を届けにいくイベントで出現。
            遊びに行っているヴァ太郎の代わりにミー次郎が玄関へやってくる。


            ●その他

            ・気に入られるには?

            弟のヴァ太郎と違って、ミー次郎は奥手なので攻略法が違うことに注意。
            どのパラメーターも平均にはしておこう。
            また、ミー次郎と仲良くしていると なぜかヴァ太郎も寄ってくるようになるので、ひたむきな態度でい
            よう。

            ・彼の好みは?

            好みは、自分だけを見てくれる人。
            ハッキリした態度はあまりとらないが、寂しがりでもあるので、月1は必ずデートに誘おう。
            また独占欲も強いので、他の男の子を出現させすぎると攻略が難しくなる。


            ・特有のイベント



            <するめ>

            友好度が(^_^)以上で、07年以降の冬休みに、双子に誘われて餅つきをすると発生。
            焚き火のそばでスルメを食べているミー次郎が見られる。
            ヴァ太郎から、子供のころのミー次郎の話も聞け、今とのギャップが楽しめる。


            <スイカ割り>

            友好度が(^_^)以上で、夏休みに海へ誘うと発生。
            主人公にスイカ割りの誘導をしてくれるが、嘘方向を教えられ、ついてきたヴァ太郎がスイカと間違われて叩かれる。


            ■蘭堂ゆりあ■


            花を愛する、かわいい顔の、マザコン少年


            ●データ

            ・誕生日:4月25日
            ・星座:おうし座
            ・血液型:AB型
            ・身長:171cm
            ・部活:園芸
            ・趣味:家事

            ●出現条件

            ヴァ太郎との友好度が(・_・)以上で、おっぱいパラメーターが一定値を超えていると出現。
            また、園芸部に入部しても出現。


            ●その他

            ・気に入られるには?

            放課後はすぐ帰ってしまうので、狙うのならば同じ園芸部に入るのがベター。
            また、休日のデートも、ときめき度がMAXでない限りは誘ってこず、こちらから誘ってもあまり乗ってこない。

            *ヒント*
            お母さんのことを褒めてみよう!

            ・彼の好みは?

            ズバリ、自分の母親のような人。
            これ以外にないので、ユリアエンドを迎えたいのならおっぱいパラメータを重点的に上げつつ、
            真近との友好度も同時に上げていこう。
            花が好きなので、それに絡んだ話を繰り広げる手もアリ。


            ・特有のイベント

            <授業参観>06年5月〜

            毎年5月の授業参観の時、授業そっちのけでソワソワしながら廊下を見ているユリアが見られる。
            しかし授業参観にやってくるのは・・・


            <お母さん>

            同じ園芸部に所属していると発生。
            夏合宿先のロッジでホームシックになったユリアが、寝ぼけて主人公を母と間違え抱きついてくる。


            ■蘭堂 真近■

            おしゃべりでノリのいい、関西育ちのユリアのお父さん


            ●データ

            ・誕生日:5月15日
            ・星座:おうし座
            ・血液型:B型
            ・身長:178cm
            ・部活:-
            ・趣味:

            ●出現条件

            そこらへんを歩いている。
            ユリアとの友好度が(・_・)以上の時、休日に散歩コマンドを実行すると、「ユリのダチやろ?」と話しかけてくる。
            会うと、聞いてもいないのに家族の話をしだすので、ユリアを攻略したいのなら彼に近づくのがベター。


            ●その他

            ・気に入られるには?

            話を聞いておだてていれば自然と友好度が上がってくる。
            また、彼狙いだと分かると、ユリアが徐々に手助けするようになるので、比較的ラクである。


            ・彼の好みは?

            息子同様、おっぱいパラメータを上げていくのがいい。
            しかし既婚者なので、狙うのなら修羅場を覚悟しよう。根性を上げることも大事。


            ・特有のイベント


            <お迎え>

            友好度が(^_^)以上の時、たまに迎えに来てくれる。


            <離婚騒動>

            ときめき度がMAXの時に発生。
            蘭堂家が離婚の危機だという事を、ユリアが楽しそうに話してくる。


             

            続きを読む >>
              
            0

                          
              | 1/1PAGES |

              かれんだー

              S M T W T F S
                   12
              3456789
              10111213141516
              17181920212223
              24252627282930
              31      
              << December 2017 >>

              ランキング


              にほんブログ村 イラストブログ オリジナルイラストへ
              にほんブログ村 恋愛ブログ 秘密の恋愛へ
              にほんブログ村 コレクションブログ スーパードルフィーへ

              ♪♪♪



              ひょうじちゅう

              かてごり

              あーかいぶす

              さいきんの こめんと

              おすすめ

              聖闘士聖衣神話 冥王ハーデス
              聖闘士聖衣神話 冥王ハーデス (JUGEMレビュー »)

              わたしの神さまのDNA御神体です

              りんく

              ぷろふ

              けんさく

              すぽんさーりんく

              そのた

              けいたい

              qrcode

              ぱわーどって何

              無料ブログ作成サービス JUGEM